あなたと健康社の料理教室③研究科コースの内容、料金、メニュー

(↑こちらの写真は研究科コースで作った料理です)

知る人ぞ知る東城百合子先生の料理教室。
こちらの記事では、料理教室の研究科コースについて元料理教室の生徒が詳しくご紹介します。

※こちらの内容は私が通っていた2016年10月の情報になります。今後変更する可能性があるため、恐れ入りますが参加前にあなたと健康社に確認してください。

スポンサーリンク

研究科コースの内容

初級コース、上級コースで学んだことを復習しながら、さまざまな料理を学び自然食のレパートリーを増やしていきます。

また、研究科コースでは通常の講座(調理実習)の他に、「研究発表」があります。
研究発表では、料理教室で学んだことを元に自分たちで献立・レシピを考えて講座の中で発表します。

回数

全17回(通常の講座12回+研究発表5回)

平日クラス・土曜クラス

研究科コースは、初級・上級コースと同じく平日クラスと土曜クラスがあります。

平日クラス(週1回)
土曜クラス(隔週 第2・4土曜日)

※全部で17回ですので、平日クラスは約4ヶ月ちょっと、土曜クラスは約8ヶ月半かけて学びます。

しかし、上級コースと同様に、研究科コースも曜日を選ぶことができず、初級・上級コースと同じ曜日に通うことになります。
例えば、初級・上級コースが月曜クラスなら、研究科コースも月曜クラスになります。

ただし、何らかの事情で曜日を変更したいときは、他のクラスが空いていれば曜日を変えることもできます。
例)初級コース・・・月曜クラス
  上級コース・・・月曜クラス
  研究科コース・・月曜クラス→水曜クラス

料金

受講料 通常講座(12回) 35,000円(2,916円/回)
 〃  研究発表(5回)  15,000円(3,000円/回)

研究科コースは、通常の講座の受講料に加えて、研究発表の分の受講料が別途かかります。

レッスン時間

午前10時~午後14時

⇒1日の流れはこちらをクリック

1クラスの人数・雰囲気

研究科コースの1クラスの人数や雰囲気についてご紹介します。

1クラスの人数

上級コースが1クラス21~27人ほどで、そのうち研究科コースに進むのは8~9割ですので、研究科コースは1クラス16~24人くらいになります。

初級コースが30名前後でスタートしますので、クラスによっては半分くらいの人数になることもある、ということですね。

研究科コースの雰囲気

研究科コースを受講するときは、あなたと健康社の料理教室に通い始めて6ヶ月~12ヶ月たっています。
そのため、料理教室にも慣れているし、一緒に作る仲間とのコミュニケーションもスムーズになるため、手際よく和気あいあいした雰囲気で調理を進めることができます。

初級・上級コースに比べると1クラスの人数は少ないですが、その分一人一人の役割が増えるため、一人が作る量も増え、結果的に沢山を学ぶことができます。

まとめ

いかがでしたか?研究科コースの一番の山場は、やっぱり「研究発表」でしょう。

料理教室が始まる前や終わった後に集まってミーティングをしたり、休日に集まってデモンストレーションをしたり、何度も試作をしたり・・・

私のときも本当に大変でしたが、学ぶこともたくさんあり、やり終えたときに「研究科コースまで進んでよかった!」と心から思いました。
(研究発表で作ったレシピは今でもよく作っています^^)

初級コース~研究科コースは週1回コースで1年、2週間に1回のコースで2年かかります。

”長い・・・”と思う方もいるかもしれませんが、今まで何十年も続けてきた食事や生活は短期間では変えられません。

1年~2年じっくりと時間をかけて自分の食生活を見直したい、そんな方は是非研究科コースまで進んでみてはいかがでしょうか。

⇒初級コースの内容、料金、メニューはこちら
⇒上級コースの内容、料金、メニューはこちら

⇒料理教室の募集要項、申込方法、体験レッスンの詳細はこちら
⇒料理教室の講師、生徒の年齢・男女比をご紹介
⇒あなたと健康社の料理教室だけにある3つのメリットとは?

スポンサードリンク